タグ: 家庭裁判所

遺言の検認をしないといけないのだ

亡くなった方の遺言を見つけたら、家庭裁判所で「検認」を受けましょう。

亡くなった方の遺言が見つかったときは、家庭裁判所で「検認」を受ける必要があります。
「検認」とは、遺言の内容を明確にして、偽造などを防止するための手続きです。
封がしてあるものは、開封せず家庭裁判所で相続人立会いのもとで開封しなければなりません。
“遺言の検認をしないといけないのだ” の詳細は »