タグ: 手数料

遺言の内容を相続のことを踏まえて変更したい

新しい遺言を作成すれば、遺言内容の変更と取り消しが可能です。

一度遺言を作成したが、後日内容を変更したい場合は、新たに遺言を作成すれば良いです。
遺言は、常に一番新しい日付のものが効力を発揮するからです。

例えば、すでに公正証書遺言(公証人に作成してもらう方法の遺言)が作成してあっても、
新しく自筆で遺言を作成すれば、その自筆の遺言により内容を変更することが可能です。
“遺言の内容を相続のことを踏まえて変更したい” の詳細は »