タグ: 安定

ひざかけの季節と相続した不動産の登記

寒い冬はひざかけとともに乗り越えます。登記する不動産もきちんと調べます。

不動産登記は、必ずやらなければならないというものではありません。
亡くなった方の名義のまま住み続けることも可能です。

ただし、登記をしないと、他人に対して不動産を自分のものだと主張することはできません。
もし他の人が不動産の登記をしてしまえば、その人のものになってしまいます。

法律では、「登記を先にした人のもの」と決まっているからです。

とっても寒い季節になりましたね。
お仕事中はほぼ座りっぱなしで、膝がとっても冷え冷えなので、ひざかけを購入しました。
くるくる巻くとうさぎの形になります!お店で見て一目惚れしました♪
このうさぎひざかけと一緒に寒い冬を乗り越えたいです!

相続した不動産の登記のお手伝いを川崎からします
亡くなった方の不動産の相続登記には、遺産分割協議書などが必要になってきます。
名義の変更をしていない相続した不動産の法律関係はとても不安定です。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/registration/