被相続人の過払い金を相続人が請求できるのか

被相続人が消費者金融から借金をしていたことが亡くなった後に、発覚するという
ことがあります。

長年にわたる借入により被相続人に過払い金が発生していたということがあります。
このような場合、その相続人が過払い金の請求をする権利があります。
被相続人の有していたすべての権利と義務が相続人には引き継がれますので、過払
金の請求権も相続されるためです。

相続人が過払金請求を行う時にまず初めにすることは誰がその過払金を取得するのか
を決めることです。法定相続分でわけるのか、遺産分割協議書を作成し、特定の相続人
が受け取るのか、です。そして債務の調査を行い書類を揃え、債権者へ請求をします。

しかし、相続人による過払金請求をするには気をつけなければならない点があります。
それは、過払い金請求という権利を行使することになりますので、相続放棄ができなく
なります。単純承認をしたことになりますので、過払い金よりも多額の負債があった
場合には注意が必要です。

«
 

トラックバック URL