行方不明者がいるときの遺産分割協議

相続が発生していざ遺産分割協議という時に、相続人の中に
行方不明者がいるとそのまま手続きが進みません。


遺産分割協議は必ず、相続人全員で行なわなければなりません。
行方不明者であっても、その相続人を除いて協議された内容は
無効となります。
死亡をしていない限り、相続人としての権利を有しており、
行方不明だからという理由で権利を奪うことはできないからです。

もしそのような相続人がいた場合、まずはできる限りの手を尽く
行方不明の相続人を捜します。

戸籍をたどってゆけば行方不明者の本籍地を知ることができ、
戸籍の附票から住所がわかります。

しかしそれでも消息がつかめない場合、行方不明となってから
7年以上経過しているかどうかでその後の手続きが変わります。

7年以上経過している場合には、家庭裁判所に失踪宣告の申し立て
を行います。行方不明者を亡くなったものとみなしてもらう手続き
です。
まだ7年を経過していない場合は、上記のような手続きはできません
が、家庭裁判所に不在者財産管理人の選任の申し立てを行なうこと
ができます。

«
 

トラックバック URL