被相続人の債務を継承するための登記

住宅ローンの返済中に被相続人が亡くなった場合など、抵当権を設定したままで
債務者である被相続人が死亡すると、相続人全員が債務を承継することになります。

各相続人の債務引受の割合は法定相続分と同様です。相続人が相続放棄の手続きを
せずに、この債務を継承するという場合には抵当権の変更登記という登記をする
必要があります。

原則的にはこの債務を継承するのは相続人全員ですから、全員を債務者として抵当権
の変更をします。
しかし、相続人間の話し合いで1人の相続人がその債務すべてを引き受けると決めた
場合は、そのような登記申請をすることもできます。この登記申請するには相続人
だけでなく、債権者の承諾も必要となります。

方法としては2通りあります。まず1つ目は、遺産分割協議で相続人のうち1人のみを
債務者として決める方法です。この場合はこの1人だけを債務者として変更登記の申請が
できます。
そして、もう一つは相続人全員が債務引受をする方法です。一度全員が債務者となる
登記を行い、その後決められた1人がその他の相続人の債務を引き受けて債務者として
登記をされるという方法です。

いずれにせよ債権者(金融機関など)の承諾が必要ですし、その取り決めとおりの
登記手続きが必要です。

川崎での相続登記は不動産のプロへ
相続人が受け継いだ不動産の名義を手にするには、所有権移転の登記という手続きを踏みます。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/registration

«
»
 

トラックバック URL