話し合いで遺産分割協議がまとまらない時には

被相続人が亡くなり、遺言による遺産分割方法への定めがない場合にはその遺産分割ついては
相続人間で話し合いをします。しかし時には話し合いがつかないこともあります。

遺産分割はいつまでにやらなくてはならないという期限がありません。また遺産分割協議につ
いては相続人全員の合意が必要です。そのため、1人でも合意が取れなかったり協議に不参加
の相続人がいるといつまでたっても遺産分割がまとまらず困ったことになってしまいます。
このような場合には家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てる手続きを利用することができま
す。

遺産分割調停では第3者である調停委員が相続人全員か事情を聞いたり、時には必要な資料を
提出してもらったりしながら解決案や、世間一般ではこのようにしているというような助言を
し、合意のための話し合いが設けられます。
遺産分割調停は話し合いであり、裁判ではありません。必ず相続人本人の出席が義務となりま
す。
話し合いが成立した場合には裁判所で調停調書が作成され終了となります。話し合いがつかな
買った場合は調停は不成立となり遺産分割審判に移行されます。

«
»
 

トラックバック URL