失踪宣告とはどのようなものなのでしょうか

相続人の中に一定期間以上の行方不明になっている人が居る場合、
遺産分割はどのように行なうのでしょうか。

生死不明や行方不明の相続人がいることがわかった時、その人を
除いた相続人間で遺産分割協議をしてもその協議は認められません。
手を尽くして、全員で遺産分割協議ができるようにしなければなり
ません。行方不明ということで権利が奪われるということはないのです。

しかし、どうしても見つからないということがあった場合はどうするの
でしょうか。
その時は失踪宣告という方法があります。
失踪宣告にも普通失踪と、危難失踪との2通りがあります。
普通失踪とは普通に生活していて、「不在者の生死が7年間明らかでない
こと」です。
危難失踪とは「戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者、その他死亡
の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、
船舶が沈没した後、またはその他の危難が去った後1年間明らかでないとき」
です。
家庭裁判所に審理を申立てると、調査後に確定されます。
申立人は確定後に市区町村への届出をしなければなりません。

«
»
 

トラックバック URL