相続するか放棄するかを考える時間は少ない

相続が発生したとき、相続人は亡くなった方の財産や債務を相続するかどうかの選択ができます。

すべての財産・債務(借金など)を相続するのが「単純承認」。
受け継いだ財産の範囲で債務も引き受けるのが「限定承認」。
すべてを相続しないのが「相続放棄」と呼ばれます。

私のことですが、
夏風邪ならぬ、梅雨風邪をひいてしまいました・・・
こんな時期なのに、マスクをして生活しております。
暑い日が続いたと思ったら、今日のようにひんやりした雨の日もありますので、
皆様も体調を崩したり、お風邪を召さないようにご注意ください!

川崎で相続放棄の相談を担当します
いますぐにでも、無料相談んをご利用いただければと思います。
相続放棄と限定承認は、相続がはじまったことを知った日から3ヶ月以内に手続きを行う必要があります。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む