カテゴリー: 段取りが大事な遺産分け

行方不明者がいるときの遺産分割協議

相続人の中に行方不明者がいる場合、その人を差し置いて遺産分割協議をすることはできません。

相続が発生していざ遺産分割協議という時に、相続人の中に
行方不明者がいるとそのまま手続きが進みません。


“行方不明者がいるときの遺産分割協議” の詳細は »

被相続人の債務を継承するための登記

被相続人に債務があった場合、原則としては相続人全員が法定相続分とおりに債務を継承することとなります。

住宅ローンの返済中に被相続人が亡くなった場合など、抵当権を設定したままで
債務者である被相続人が死亡すると、相続人全員が債務を承継することになります。

“被相続人の債務を継承するための登記” の詳細は »

話し合いで遺産分割協議がまとまらない時には

遺産分割が相続人同士での話し合いでまとまらないときには裁判所に調停を申立てます。

被相続人が亡くなり、遺言による遺産分割方法への定めがない場合にはその遺産分割ついては
相続人間で話し合いをします。しかし時には話し合いがつかないこともあります。
“話し合いで遺産分割協議がまとまらない時には” の詳細は »

失踪宣告とはどのようなものなのでしょうか

行方不明の相続人は失踪宣告の申立で法律上は死んだこととなり、相続が開始されます。

相続人の中に一定期間以上の行方不明になっている人が居る場合、
遺産分割はどのように行なうのでしょうか。

“失踪宣告とはどのようなものなのでしょうか” の詳細は »

相続人の中に行方不明者がいるときには

相続人の中に行方不明者がいるときには、不在者財産管理人の選任と失踪宣告の2つの方法があります

行方不明になっていたり、生死不明になっている相続人のいる場合があります。
しかし、それらの相続人を無視することはできません。
“相続人の中に行方不明者がいるときには” の詳細は »

相続人に行方不明者がいる場合は?

行方不明の相続人がいる場合は、不在者財産管理人が代わりに遺産分割協議に参加します。

相続人の中に行方不明の方がいる場合は、他の相続人だけで遺産分割協議をすることはできません。
家庭裁判所に「不在者財産管理人」の選任申立をおこない、
選任された不在者財産管理人が行方不明者のかわりに協議に参加することで、遺産をわけることができます。
“相続人に行方不明者がいる場合は?” の詳細は »

エンディングノートの特徴をしる

遺言のように家族へのメッセージが書けるエンディングノート。書き方セミナーを行いますので、ぜひご参加ください。

自分の相続についてお考えになったことはありますでしょうか。
“エンディングノートの特徴をしる” の詳細は »

 

死因贈与と遺贈のちがい

「死因贈与」と「遺贈」。似ていますが、少し異なります。

「亡くなったらあげます」という契約が『死因贈与』
遺言に書いた内容によって財産をあげるのが『遺贈』です。
いずれも亡くなったことが原因の贈与ですが、少し異なります。
“死因贈与と遺贈のちがい” の詳細は »

相続の手続きのスケジュールをしろう

相続手続きの期限にご注意ください。

相続が発生したときの手続きには、期限が決まっているものがあるので注意が必要です。

まずは、お亡くなりになられてから7日以内に死亡届を役所に提出する必要があります。
相続放棄や限定承認をする際は、お亡くなりになられてから3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述しなければなりません。

ところで、
昨日はあいにくの雨で、隅田川の花火大会が初めて中止になったとニュースで見ました。
せっかく年に1度のイベントなのに残念ですね・・・。
以前住んでいた田舎は、自宅から数分のところにある海から見える花火大会が行われていたので、毎年楽しみに見に行っていました!
横浜に引っ越してきてからはあまりの人の多さに花火大会から足が遠のいてしまいましたが、
とりあえず手持ち花火は今年もぜひやりたいなーと思っています!笑

お手続きのご相談・ご依頼は、ぜひ相続手続支援センター川崎駅前まで
お亡くなりになられた方の所得税と消費税の申告は4ヶ月以内に、
相続税の申告は10ヶ月以内に行う必要があります。
ご不安な方はお問い合わせください。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

 

遺言の検認をしないといけないのだ

亡くなった方の遺言を見つけたら、家庭裁判所で「検認」を受けましょう。

亡くなった方の遺言が見つかったときは、家庭裁判所で「検認」を受ける必要があります。
「検認」とは、遺言の内容を明確にして、偽造などを防止するための手続きです。
封がしてあるものは、開封せず家庭裁判所で相続人立会いのもとで開封しなければなりません。
“遺言の検認をしないといけないのだ” の詳細は »

 
« 過去の記事