アーカイブ: 2013年6月

相続するか放棄するかを考える時間は少ない

相続が発生したとき、相続人は亡くなった方の財産や債務を相続するかどうかの選択ができます。

相続が発生したとき、相続人は亡くなった方の財産や債務を相続するかどうかの選択ができます。

すべての財産・債務(借金など)を相続するのが「単純承認」。
“相続するか放棄するかを考える時間は少ない” の詳細は »