行方不明者がいるときの遺産分割協議

相続人の中に行方不明者がいる場合、その人を差し置いて遺産分割協議をすることはできません。

相続が発生していざ遺産分割協議という時に、相続人の中に
行方不明者がいるとそのまま手続きが進みません。


“行方不明者がいるときの遺産分割協議” の詳細は »

被相続人の債務を継承するための登記

被相続人に債務があった場合、原則としては相続人全員が法定相続分とおりに債務を継承することとなります。

住宅ローンの返済中に被相続人が亡くなった場合など、抵当権を設定したままで
債務者である被相続人が死亡すると、相続人全員が債務を承継することになります。

“被相続人の債務を継承するための登記” の詳細は »

被相続人の過払い金を相続人が請求できるのか

被相続人の過払い金は相続財産となりますので、請求ができますが気をつけなければならない点もあります。

被相続人が消費者金融から借金をしていたことが亡くなった後に、発覚するという
ことがあります。

“被相続人の過払い金を相続人が請求できるのか” の詳細は »

話し合いで遺産分割協議がまとまらない時には

遺産分割が相続人同士での話し合いでまとまらないときには裁判所に調停を申立てます。

被相続人が亡くなり、遺言による遺産分割方法への定めがない場合にはその遺産分割ついては
相続人間で話し合いをします。しかし時には話し合いがつかないこともあります。
“話し合いで遺産分割協議がまとまらない時には” の詳細は »

失踪宣告とはどのようなものなのでしょうか

行方不明の相続人は失踪宣告の申立で法律上は死んだこととなり、相続が開始されます。

相続人の中に一定期間以上の行方不明になっている人が居る場合、
遺産分割はどのように行なうのでしょうか。

“失踪宣告とはどのようなものなのでしょうか” の詳細は »

戸籍が間違っていることを発見したら

普段は目にする機会の少ない戸籍謄本ですが、取り寄せてみて間違っていたら驚いてしまいますよね。

相続手続きをしようと戸籍謄本を取得したら、戸籍簿に記載されている
名前が違っていることを発見!!
戸籍の記載内容が間違っていた場合訂正することはできるのでしょうか?

“戸籍が間違っていることを発見したら” の詳細は »

相続人の中に行方不明者がいるときには

相続人の中に行方不明者がいるときには、不在者財産管理人の選任と失踪宣告の2つの方法があります

行方不明になっていたり、生死不明になっている相続人のいる場合があります。
しかし、それらの相続人を無視することはできません。
“相続人の中に行方不明者がいるときには” の詳細は »

 

同級生との食事

便利なもので溢れかえっている今でも、 そういった人と人を結ぶきっかけがたくさんあればいいですね。

昨日、同級生と食事をしてきました!
“同級生との食事” の詳細は »

相続人に行方不明者がいる場合は?

行方不明の相続人がいる場合は、不在者財産管理人が代わりに遺産分割協議に参加します。

相続人の中に行方不明の方がいる場合は、他の相続人だけで遺産分割協議をすることはできません。
家庭裁判所に「不在者財産管理人」の選任申立をおこない、
選任された不在者財産管理人が行方不明者のかわりに協議に参加することで、遺産をわけることができます。
“相続人に行方不明者がいる場合は?” の詳細は »

 

秋がきたということとおじとおばの相続のこと

涼しくなってきた、秋の到来を感じます。楽しんでいきましょう

じりじり暑い日が続いていましたが、先日の台風を境に、急に涼しくて過ごしやすい気候になりました。

また、夜は満月が明るくてとても綺麗で、ここでも秋を感じます。
“秋がきたということとおじとおばの相続のこと” の詳細は »

 
« 過去の記事